営業時間

平 日:9:00~12:00

15:00~20:00

土曜日:9:00~13:00

定休日

日曜日・祝日

田代本通・川原通からすぐ

当日の電話予約OK

当院専用駐車場完備

052-751-2011

不在の場合、留守番電話にメッセージを残していただければ、改めて折り返しお電話いたします。

田代本通・川原通からすぐ

当日の電話予約OK

当院専用駐車場完備

お客様の声・改善事例

HOME > お客様の声・改善事例

なぜ腰痛になってしまうのか?

2021年11月30日

腰痛とは?

腰痛とは、病気の名前ではなく、腰からくる痛みや張りなどの不快に感じる症状の総称で、日本の成人の90%が、なんらかの機会で経験しているといわれています。
直立二足歩行をする人間は、からだを垂直に保ち、重い上半身を下半身で支える必要があり、そのため、どうしても腰に大きな負担がかかってしまいます。
 
つまり、腰痛は直立二足歩行を行う以上多くの人が避けられない症状です。
とはいえ、すべての人が腰痛に苦しんでいるのかといえば、決してそうではなく、腰痛になりやすいかどうかは、生活環境や生活習慣、ストレスなどが大きく関与しています。
 
腰痛の約85%は、検査をしても痛みの原因となる異常が腰からは見つからないといわれています。
突然腰に激痛が走るいわゆる「ぎっくり腰」も原因の特定が難しく、原因は腰にない事が多いです。
 
 

腰痛の原因は?

長時間中腰や猫背などの姿勢が続いたりして、腰や背中の筋肉が緊張し続けたときや、運動不足などで腰を支える筋力が弱っているときなどに起こることがあります。
寒さで筋肉が硬直する冬や、季節の変わり目などは、神経が刺激されやすく痛みが起こりやすくなります。
 
通常は、セルフケアをしていれば短期間で軽くなりますが、休養が十分に取れていなかったり、ストレスなどの心理的要因があると腰痛が慢性化することもあります。
 
 

腰痛が慢性化してしまう原因

慢性の腰痛とは、筋肉の炎症による痛みと神経の痛み、また、心理・社会的要因などが複雑に合わさった状態です。
腰痛によって痛みが続いてしまうと、それが精神的ストレスとなります。
精神的ストレスが続くと、自律神経が乱れ、痛みを抑制する脳のシステムが機能しなくなって神経が過敏になり、さらに腰痛を感じるようになり、ますます腰痛が酷くなる悪循環となります。
 
また、痛みのことばかり考えていたりすることも、ストレスとなり慢性化の原因となります。
痛みがある事で、動けなかったり、行動が制限される事で、血流が悪くなり、それも腰痛が慢性化に繋がります。
 
このように腰痛が慢性化する原因はさまざまであり、腰痛が慢性的になってくると中々セルフケアでの完治は難しく、専門機関に相談し、適切に対処することが必要です。
 
腰痛による症状
腰痛による症状は人により様々あります。
腰痛の原因は様々で原因により腰の痛み方も様々です。
腰痛で治療院へ相談する場合は、どのように腰が痛いか、腰以外にも痛い所がある場合は、その事もしっかりと伝えましょう。
 
腰痛の症状例
・腰に激しい痛み、重さがある。
・起床時に腰の痛みがある
・座っている状態から動き出すと痛みがある
・歯を磨く時や、靴や靴下を履く時など前傾姿勢で痛みがある
・腰からふくらはぎ、足にかけて痛みや痺れがある
・長く座っていたり、立っていたりすると痛みがある
 
腰痛の改善予防対策
腰痛の改善や予防のために、血流を良くする必要がありますので、運動としてはウォーキングのような有酸素運動が良いです。
痛みが強いときには、無理に動かすと悪化する可能性があるので、少し動かしただけで、痛みが出るような場合は安静にしてください。
 
後は、姿勢を意識してみてください。
姿勢を改善することは、腰痛の軽減や予防につながります。
なぜなら悪い姿勢は腰に過剰な負担をかけてしまい、さらに悪い姿勢は気づかないうちに、習慣化している可能性があります。
 
悪い姿勢とは、正しい姿勢に比べて体の位置が前後・左右にずれている、もしくはねじれた状態になっており、悪い姿勢は、一部の筋肉や骨に過剰な負担がかかります。
腰への負担が大きい悪い姿勢が習慣になっていると、腰痛を起こす可能性が高くなります。
 
次に腰痛を引き起こす可能性がある悪い姿勢をご紹介します。
 
猫背
猫背とは、猫のように背中が丸くなってしまっている状態です。
 
人は、背骨がS字カーブを描いており、S字カーブのお陰で背骨への負担を減らす事が出来ています。
猫背になるとそのS字カーブがキツくなってしまいます。
 
そうなると背骨への負担が大きくなり、さらに頭が前に出てくる姿勢になるため、頭の重みを支えるために背中から腰の筋肉への負担も大きくなってしまい腰痛になりやすくなってしまいます。
スマホやパソコンの利用が多い方は画面に顔を近づけて前のめりになりやすいため要注意です。
 
反り腰
反り腰とは、股関節の硬さやお尻や腹筋などの筋肉の弱さが原因で必要以上に腰を反ってしまっている状態です。
筋力の低下によりおきている事が多くその筋力の弱さを骨盤を前傾させたりして補って姿勢を保っています。
反り腰の方は、腰を反りすぎているため、腰への負担が大きく腰痛になりやすいです。
 
後、反り腰の方は、スタイルが乱れているように見えます。
お尻が大きく見えたり、お腹がポコっと出ていたりします。
 
上を向いて寝ると腰が浮いているので、上向で寝て腰の所に隙間がある方は反り腰になっている方が多いです。
筋力低下の部分が原因の事が多いため、筋力の低い女性の方の方が反り腰は多いです。
 
 
自分の出ている腰痛の原因を知りたい方、姿勢をチェックして欲しい方、お気軽にお尋ねくださいね!

 

※当日予約の場合は、直接お電話ください。

052-751-2011

平日:9:00~12:00/15:00~20:00 土曜日:9:00~13:00
(日曜日・祝日 定休日)

施術中は出られない場合がございますので、留守番電話にメッセージを残しておいていただければ、改めてこちらよりお電話を折り返しさせていただきます。

〒466-0853
愛知県名古屋市昭和区川原通1-15

052-751-2011

施術中は出られない場合がございますので、留守番電話にメッセージを残しておいていただければ、改めてこちらよりお電話を折り返しさせていただきます。

※土曜日は13:00まで、日曜日・祝日は定休日となります。