営業時間

平 日:9:00~12:00

15:00~20:00

土曜日:9:00~13:00

定休日

日曜日・祝日

川名/覚王山駅から車で約5分

完全予約制

当院専用駐車場完備

052-751-2011

不在の場合、留守番電話にメッセージを残していただければ、改めて折り返しお電話いたします。

川名駅/覚王山駅から車で約5分

完全予約制

当院専用駐車場完備

ブログ

HOME > ブログ

お盆の時期とギックリ腰は関係ある??

2021年08月10日

もうすぐお盆ですね!

 

せっかくのお盆休みも今年もコロナウイルスが流行っており、外出自粛が促されていて、外出もままならないと思いますが、実は、お盆の時期にギックリ腰は増えます。

お盆にギックリ腰が増える理由

今年は集まれないかもしれませんが、お盆になると親族で集まる事も増えますよね。

 

そうすると、普段より沢山のご飯を食べたり、お酒を飲んだりすると思います。

 

そうなるとどうなるかというと、内臓に負担がかかってしまいます。

内臓に負担がかかるとどうなるか?

沢山の食べ物が胃に入ることにより、いつも以上に胃が頑張って処理をしないといけなくなります。

 

常に胃に食べ物がある状態になるので、胃は働き続ける必要が出てくるんですね。

 

そうなると、胃は硬くなってしまいます。

例えば沢山走れば足が硬くなったり、ずっとペンで字を書いていれば腕まわりが硬くなりますよね。

 

それと同じ状態が内臓にもおこります。

 

内臓が硬くなると、その周りにある骨盤や腰の筋肉も硬くなります。

 

結果的にその硬くなった状態に負荷がかかりギックリ腰となります。

ギックリ腰というと、重い物を持ってなってしまうイメージがあると思いますが、実は、重い物を持たなくても、ふとした動作でなる事の方がむしろ多いです。

→ぎっくり腰の治療をされたい方はこちら

 

普段から、慢性的な腰痛があったり、お盆前の連休前で仕事が多くなっていたり、普段からストレスが多い方はなりやすい傾向にあります。

ぎっくり腰にならないために食べ過ぎてしまった時の対処法

 

①出来たら食べてから寝るまでに4時間は開けてください。

寝ている時に胃に食べ物が入っていると、胃が動いてしまい、睡眠の質が下がり、疲れが抜けません。

 

②次の日のご飯を抜いてください。

 

または朝、昼は消化の良いものにして、夜のみ抜いて、なるべくお腹を温めてください。

 

胃を休ませてあげることで、内臓へのストレスが減り腰回りの負担も減ります。

ギックリ腰になってしまうと、1週間程度は行動に制限が出てしまったりしますので、お盆のように普段と違う事をする時は内臓疲労の事を考えてあげると防げると思いますので、意識して楽しい連休を過ごしてくださいね。

 

→ぎっくり腰になられた方へ

※当日予約の場合は、直接お電話ください。

052-751-2011

平日:9:00~12:00/15:00~20:00 土曜日:9:00~13:00
(日曜日・祝日 定休日)

施術中は出られない場合がございますので、留守番電話にメッセージを残しておいていただければ、改めてこちらよりお電話を折り返しさせていただきます。

〒466-0853
愛知県名古屋市昭和区川原通1-15

052-751-2011

施術中は出られない場合がございますので、留守番電話にメッセージを残しておいていただければ、改めてこちらよりお電話を折り返しさせていただきます。

※土曜日は13:00まで、日曜日・祝日は定休日となります。