営業時間

平 日:9:00~12:00

15:00~20:00

土曜日:9:00~13:00

定休日

日曜日・祝日

川名/覚王山駅から車で約5分

完全予約制

当院専用駐車場完備

052-751-2011

不在の場合、留守番電話にメッセージを残していただければ、改めて折り返しお電話いたします。

川名駅/覚王山駅から車で約5分

完全予約制

当院専用駐車場完備

ブログ

HOME > ブログ

靴下を履く時や料理を作っている時などの前屈みになった時の腰の痛みの原因は足首にある!?

2021年09月10日

腰痛患者さんで、どんな時に一番痛みを感じるか尋ねると、靴下を履く時などの前屈時の痛みを言われる方は多いです。
人は目が前についていますし、基本的には前で作業をする事が多いと思います。
そういった中で腰を前に倒す動きをすると腰に痛みがあると辛いですよね。

前屈時の腰の痛みの原因の多くは足首にあると思っています。
腰痛の原因の85%は腰に原因がないと言われている中で、今回のような前屈時の腰の痛みは足首が悪くなっている事が多いです。

足首の中でも特に距骨という骨が重要で、距骨という骨は、特別な骨で、普通は骨には筋肉が付いていて簡単にはずれないようになっているのですが、距骨は筋肉が付いておらずフリーに動く事が出来ます。
役割としては、足首から下腿に体重を上手く伝え上手く歩けるようにしたり、バランスを撮ってくれる事で、いろんな動作においてクッションのような役割をしてくれています。

距骨が固くなっていると、なぜ腰痛になるのか?

クッションの役割が上手く機能しない事で、アキレス腱が固くなり、太腿、お尻と固くなる部分が増えていき下半身の固さにつながっていきます。
背面側の下半身の固くなっている状態で、前屈をするとただでさえ固くなっている背面側が伸ばされさらに負担がかかり、腰を引っ張り、腰に痛みが出てしまいます。

前屈時の腰の痛みでお困りの方の対処法
距骨の固さにより出ている事が多いので、中々自分で緩めたりする事が難しいのですが、やれる事としては、
・足首を回す
・アキレス腱が固くなっている事が多いため、アキレス腱を伸ばす
・下半身の固さがあるのでお尻のストレッチをする
これらのことをやってみて下さい。

当院では前屈時の痛みの原因である距骨の調整をする事が出来ます。

上記のことをやってみたけど、腰痛が改善しないとかあれば、お力になれると思うので一度ご相談下さい。

※当日予約の場合は、直接お電話ください。

052-751-2011

平日:9:00~12:00/15:00~20:00 土曜日:9:00~13:00
(日曜日・祝日 定休日)

施術中は出られない場合がございますので、留守番電話にメッセージを残しておいていただければ、改めてこちらよりお電話を折り返しさせていただきます。

〒466-0853
愛知県名古屋市昭和区川原通1-15

052-751-2011

施術中は出られない場合がございますので、留守番電話にメッセージを残しておいていただければ、改めてこちらよりお電話を折り返しさせていただきます。

※土曜日は13:00まで、日曜日・祝日は定休日となります。